Welcome to my homepage

ようこそ、固体磁気共鳴研究室(I研)へ

物質中の電子集団は、1023個/cm3におよぶ超高密度の量子凝縮系であり、予想もつかない様々な現象が出現します。その典型例は、超伝導、量子液体、金属-絶縁体転移といったマクロな量子現象です。これらの物性を支配するミクロな基本法則を解き明かすために、私たちは原子核をプローブとして、電子の運動を原子スケールで観測する研究を行っています。核磁気共鳴(NMR)とよばれる技術を用いて、電子のわずかな対称性の破れを逃さずに検出し、量子スピン液体や軌道液体などの新奇な現象を見出しています。また、超高圧技術と超高速パルスフーリエ変換技術を組み合わせた難易度の高いNMR技術においても、世界でも最先端を走っています。これらの研究は、将来的に新しい高温超伝導体の設計、従来の性能を凌駕する量子コンピュータやMRI(磁気共鳴画像装置)のコア技術へと進展する可能性があります。現在、最大9台のNMR装置と7台の超電導マグネットを使って、約20名のメンバーで研究を進めています。新しい量子物質開発や実験装置開発に興味のある方は、是非一度研究室を訪ねてみてください。
Welcome to my homepage

▲pagetop